【保存版】静電気はとっても髪が痛む!?美容師が教える静電気を防ぐ裏技4選

どうもこんにちは!
原宿の美容室

【HEYKEL】(へイケル)の
TOPスタイリスト
《じゅんぺー》です!

          

クリックでフォロー!

友だち追加クリックでLINE@を登録 😛  ⬅お友達登録でお得なクーポンをプレゼント 🙂 

 

 

 さて今日は静電気についてお話ししますね。乾燥する時期になると静電気って気になっちゃいますよね。

人によっては毎日金属に触るのが怖い人もいるのではないでしょうか?

今日は静電気に対して対策するためのブログをかきますね

静電気は放っておくと枝毛の原因にもなります!

枝毛の原因について詳しく書いた記事はこちら

 

♦そもそも静電気ってなに?

ではドアノブで説明しましょう。

HEYKELのドアノブも何もない状態ではこのようにプラスの電気とマイナスの電気が

バランスよく存在しています。

細かく言うと電子がうんぬんかんぬんあるのですが

おそらく書いても読まないのでわかりやすくデフォルメちっくに説明します。

その状態のドアノブに摩擦やらなんやらでプラスの電気を帯びた僕の手が接近すると

ドアノブの電気のマイナスが僕のプラスに近付こうとします。

 

プラスの電気とマイナスの電気の引き合いは距離が近くなるほどに強くなります。

そしてドアノブに触れたとき、一気にプラスの電気とマイナスの電気はひっつきます。

その瞬間、電流が流れるのです。

 

静電気は電気の流れにくい物質でよく起こります。

プラスチックや紙、セーターなどは電気を通しにくいので、これらが擦る合わさると静電気が発生することが多いです。

 

体にたまっていた静電気がドアノブ、ドア本体を通しておそらくは地面に流れて行ったということになります。

 

♦静電気の原因ってなに?

静電気を起こしてしまう条件を簡単にあげると

乾燥

摩擦

です。

学校の授業で下敷きと髪の毛で実験をしたと思います。

その実験から摩擦で静電気が起こるのだということは経験済みだと思います。

(摩擦で静電気が起こる理由はまた電子と陽子の話になって難しくなるので省きます。)

 

乾燥が静電気を起こすというのは正直イメージがわかないと思います。

 

水は電気を通します。(正確には純水は絶縁体なのですがとりあえず通ると思っていてください)

それは水中の水分も同じです。

先ほど説明した帯電した電気は、空気中に水分を伝って逃げていくのです。

つまり、湿気が多い日は電気が常に放電しているので電気がたまらないので、静電気は起きにくいのです。

日本では夏は湿気がありますので静電気は発生しにくく、冬は乾燥しますので静電気が発生しやすくなるようです。

イメージだとこんな感じです。空気中の水分がたまっている電気を持って行ってくれてるイメージですね。

ドアノブも手も電気が少ないから接触しても流れないんです。

濡れている手で電気が流れないのも同じ原理ですね。

 

 

♦髪の毛に静電気が起きないためには

「セーターなどを着ると顔に髪の毛が張り付く」「ブラッシングするとふわっと髪の毛が逆立つ」そんな不快感の元

凶である静電気を防止するためには

 

①空気中が乾燥しないようにする

②髪の毛が乾燥しないようにする

③帯電しない服を選ぶ

④体内が乾燥しないようにする

 

 

 

という4つの対策があります。

一つ一つ解説していきましょう。

①空気中が乾燥しないようにする

さきほど説明した通り、空気中が乾燥すると電気が流れないため静電気が発生しやすくなります。

空気中が乾燥してしまう原因はエアコンなどの暖房器具を頻繁に使用することなどがあげられます。

加湿器をおいたり、濡れタオルを置いておくなどが対策としてあげられます。

しかしながら湿度を上げすぎると不快なかんじがしますし、結露、カビの原因にもつながりますよね。

一般的なご家庭では“室内湿度50~60%程度に保つことが理想的といわれています。

 

②髪の毛が乾燥しないようにする

髪の毛自体が乾燥していることも静電気の発生を手助けしてしまします。

髪の毛はダメージが増すごとに水分と油分を失っていきます。

そういった状態ではブラッシクングや手ぐしだけでも静電気を発生させてしまいます。

髪の毛自体がしっかり潤うために、洗い流さないトリートメントなどを使用してみてください。

髪の毛が乾燥しないための詳しい記事はこちら

 

また、髪の毛はプラスの電気を帯電しやすいので

マイナスイオンを髪にあたえるドライヤーなどを使うことによって髪の毛同士が反発しあいほわほわするのを

防ぐことができます。

 

 

③帯電しない服を選ぶ

静電気はプラスに帯電する素材と、マイナスに帯電する素材があります。

それぞれを組み合わせてコーディネートすると静電気が起こりやすくなってしまします。

特に髪の毛はプラスに帯電しやすのでマイナスに帯電するアセテート、ポリエステル、アクリルは相性が悪いかもしれませんね。

なるべく、上記で書いて有る「仲間」とくくった組み合わせを着るようにこころがけるといいですね!

 

 

④体内が乾燥しないようにする

体内が乾燥すると肌が乾燥し、静電気が発生しやすくなります。

体内の乾燥を防止するため、水分を小まめに摂取しましょう。

喉が渇いたと感じてから飲むのでは、体はすでに乾燥してしまっているので

喉が乾く前に飲みましょう!

ちなみにカフェインは飲んでも体外に排出されやすいので、なるべくカフェインの入っていない飲み物を選びましょう。

お茶やジュースなどではなく、ただの水!が一番水分補給になるらしいですよ。

 

 

♦まとめ

ただパチパチするだけなので不快だなー程度かと思ってします静電気ですが、手と手で静電気が起きた時にも結構痛いですが

髪の毛一本は痛いではすみません笑 普通に大ダメージなのです!

当店はヘアケアに特化した製品、メニューを多数用意してあります!

静電気のみならず、ダメージが気になる方は是非お待ちしております^^

HEYKELで置いている、静電気が発生しにくいシャンプーはこちら

HEYKELでできる、高級なトリートメントメニューはこちら

 

 

今回のブログはここまでです!当店の詳細は⬇にまとめてあります!HEYKELをよろしくね(●´ω`●)

 

【HEYKEL】

TEL:03-6894-7755

〒150-0001  渋谷区神宮前1-8-10 ジ・アイスキューブス 7F

 

月水木 12:00~22:00

金   11:00~23:00

土日祝 10:00~20:00

火   定休日

 

Instagramはこちら

 

Twitterはこちら

友だち追加⬅クリックでLINE@を追加(お友達登録でお得なクーポンをプレゼント 😛 )

お問い合わせはこちらのLINEへどうぞ

・HEYKELの求人案内はこちら

 

《HEYKELのアクセス》

このエントリーをはてなブックマークに追加