ヘアアイロンって何で痛むの?髪が痛む原因と痛みにくくなるやり方とは

どうもこんにちは 😀 ☀️?
原宿の美容室

【HEYKEL】(へイケル)の
TOPスタイリスト✂️
《じゅんぺー》です 😮 ?

            

⬆アイコンをクリックでSNSに飛ぶよ:-) ✨

(クリックで予約画面へ飛ぶよ?✂️

(HEYKELホームページはこちら?)

クリックでLINEを登録 😛  ⬅お友達登録でお得なクーポンをプレゼント 🙂 

*LINE@は配信用LINEです。撮影の募集はこちらのラインではありません。ご注意ください。

 

皆さんはヘアアイロンは使っていますか?❓

女性のアイテムかと思いきや最近は男性でも使っている方が多数いらっしゃいますね?

そして、アイロンを使っている方の多くの方がアイロンによるダメージを気にしていますね✋

 

なぜヘアアイロンで髪が傷むのでしょうか❓
そして、どうしたらアイロンで痛まなくなるのでしょうか✊⁉️

今日はそんなヘアアイロンの痛む原因とその対策についてお話ししますね?
*今回の記事はストレートアイロン、カールアイロンの両方を示す言葉として”アイロン”と呼びます。

 

♦ヘアアイロンが痛む原因

ヘアアイロンで髪が痛む原因はです。

ヘアアイロンにより発生する熱が髪の毛を構成するたんぱく質の性質を変えてしまうのです。

この熱によって変性する現象を”タンパク変性”といいます。

高熱によって髪のたんぱく質が変性すると、髪を守っているバリヤーを役目をはたすキューティクルが剥がれ落ちます。

このキューティクルが剥がれてしまうと髪の内側にあった栄養分や水分が時間とともに流れていき

パサパサしていきます。

この状態を傷んだというのです。

髪の毛綺麗になるためにやったほうがいいこととは

 

♦髪が余計に痛む間違ったアイロンの使い方

①同じところを何度も通す

癖が治らないからといって何度も通すのはかなり痛む原因になります。

もし、癖が治らなかったらゆっくりしっかり当ててみましょう。

 

ちなみに寝癖はなかなかアイロンでは治りません。

寝癖のようなくせは一度濡らしてドライヤーでブローしたほうが確実に伸ばせます。

癖をとるのにアイロンを酷使し続けるのは時間短縮にはなりますが、正確性がかけるうえに痛みます。

まずは髪を濡らしてしっかりブローしたうえで軽くアイロンを使うようにしましょう

 

②濡れている状態で通す

ひと昔前にスチームアイロンというのが流行り、スチームで髪を濡らしながらアイロンをしたほうが保湿されていいと思う人が続出しましたが

アイロンは濡れている状態で通すとものすごく痛みます。

濡れている髪の毛はキューティクルという髪を守るバリヤーが開いているため無防備なのです。

その状態でのアイロンはとっても危険です。

水蒸気爆発といった髪の毛にとって最悪の現象を引き起こすのです。

 

スチームはダメージケアのためではなく、濡らして水素結合をとくためなので、効率をよくしているだけにすぎません。

とにかくアイロンはしっかり乾いた髪の毛にのみ行ってください。

 

③オイルトリートメントなどをつけてから通す

これは一番多い勘違いなのではないでしょうか?

オイルが熱から髪を守ってくれると思っているのでしょう。

結論からいいます。

 

”守りません”

 

オイルはむしろ油なので熱を閉じ込めます。

料理をしている人はわかると思いますが、油は沸点が高く温度を保ったまま液体であり続けます。

だから揚げ物ができるんですよね。

つまり、オイルをつけてからアイロンをすると熱から守るどころか熱を吸収するのでより痛むのです。

オイルトリートメントなどはアイロンの後につけるようにしましょう

トリートメントの適量とは

 

④無駄に高温で通す

髪の毛は130度を超えるとタンパク変性を起こして痛みます。

生卵も熱すると硬くなりますよね。

同じ現象です。

とにかく髪を130度をあまりオーバーしないように気をつけながら通すことがダメージケアにつながります。

時間があるときは130度でゆっくり確実にやってください。

強く巻きたいとき、巻きを夜までもたせたいときは温度をあげてください。

ちなみに当店のアイロンは210度まで上がりますが、そんな高温はよっぽどのことがないと使わないです。

髪に優しい温度で通すように心がけてくださいね^^

髪が痛む原因ってなんなの?

 

♦正しいアイロンの通し方

上記のNG方法を踏まえたうえで正しいアイロンの通し方は

 

①癖の部分を濡らしてドライヤーでしっかりブローする。

⬇︎

②濡れているところがないようにしっかり乾かす

⬇︎

③アイロンをなるべく低い温度に設定する

⬇︎

④細かいスライスでゆっくり確実に通していく

⬇︎

⑤洗い流さないトリートメントはアイロンが終わってからつける

⬇︎

といった流れでアイロンをすれば、かなりのダメージ軽減が期待できるでしょう!

コテ巻きが長持ちする方法とは

♦まとめ

いかがでしたか?

僕が担当お客様の統計ですがほとんどの方が毎日アイロンを使っているようですね。

ヘアケアは毎日やることのダメージを少しでも減らすところから始めます。

アイロンの通し方を工夫するだけで、1年後の髪の毛の状態が大きく改善しますよ^^

一度傷んでしまった髪は治りませんからね。毎日の小さいダメージから改善していきましょう!

 

ヘアケアで一番大切なのはシャンプーです!HEYKELおすすめのシャンプーはこちら

 

 

今回のブログはここまでです!当店の詳細は⬇にまとめてあります!HEYKELをよろしくね(●´ω`●)

 

【HEYKEL】

TEL:03-6894-7755

〒150-0001  渋谷区神宮前1-8-10 ジ・アイスキューブス 7F

 

月水木 12:00~22:00

金   11:00~23:00

土日祝 10:00~20:00

火   定休日

 

ヘアスタイル撮影用アカウントはこちら

Twitterはこちら

サロンワーク用アカウントはこちら

 

友だち追加⬅クリックでLINE@を追加(お友達登録でお得なクーポンをプレゼント 😛 )

お問い合わせはこちらのLINEへどうぞ

(HEYKELホームページはこちら)

 

《HEYKELのアクセス》

このエントリーをはてなブックマークに追加