恐怖!日常生活に潜む薄毛の原因! ”あれ”をやったらハゲてしまう!?

どうもこんにちは 😀 ☀️
原宿の美容室

【HEYKEL】(へイケル)の
TOPスタイリスト✂️
《じゅんぺー》です 😮 ?

            

⬆アイコンをクリックしてね 🙂 ✨

(クリックで予約画面へ✂️

(HEYKELホームページはこちら?)

クリックでLINEを登録 😛  ⬅お友達登録でお得なクーポンをプレゼント 🙂 

*LINE@は配信用LINEです。一対一のトークはできかねます。

 

夏が終わる時期になると抜け毛が気になる方もいるのではないでしょうか❓

抜け毛が目立ってきて初めて”薄毛対策”を気にする方もいらっしゃいますね?

 

髪が薄くなってしまう原因を大きくわけると

 

①遺伝的要因

②生活習慣による要因

 

となります。

①の遺伝的な要因は解決するのは容易ではないため

今回のブログでは②の生活習慣による原因について詳しく書こうと思います!!

 

前回の記事で”ハゲないためにやった方がいいこと”を書いたので

今回は”これをやったらハゲてしまうかも!?”という内容をご紹介しますね!

 

②の生活習慣の悪化をさらに2分割すると

”頭皮環境の悪化”と”栄養面の悪化”があげられます。

その二つのカテゴリーに分けてご紹介いたします!

ハゲないためにやった方がいい日常的な習慣はこちら

♦禿げる生活習慣①頭皮環境の悪化

頭を畑として考えた時、頭皮とはまさにです。

土が悪いとまともな花は生えてこないのです。

土を悪化させる原因となる生活習慣はこちら↓

①市販のシャンプー

市販のシャンプーは石油でできているとてつもなく強い洗浄力のシャンプーです。

洗浄力が強すぎると、皮脂が過剰に分泌したり頭皮が炎症を起こしてしまい薄毛につながります。

刺激の弱い優しいシャンプーで正しく洗うことをオススメします 😮

 

ちなみに市販のスカルプシャンプーもオススメしません?

 

なにがどうスカルプなのかわからない製品も多数存在します?

シャンプーのキャッチフレーズより、内容成分で判断できるといいです❗️

 

少なくとも市販のシャンプーで薄毛対策になると確信できる製品に出会ったっことがありません???

スースーすればいいというわけではないのです?

結局シャンプーってどうやって選べばいいの?

 

 

②洗い方

正しいシャンプー剤を使っても正しく洗えていないと薄毛につながってしまいます?

 

シャンプーは”洗いすぎはだめ”です。

 

そして同時に

 

”洗わなさすぎもだめ”なのです。

 

石油系の洗浄力の強いシャンプーで1日2回もシャンプーしてしまうととてつもなく頭皮に負担がかかります。

また、洗わなさすぎると不必要な油脂を落とすことができず雑菌が繁殖してしまいます。

適度な洗いを心がけましょう。

爪を立てて洗うのも、頭皮に傷ができるのでNGです。

美容師が進める正しいシャンプーの仕方とは

 

 

③過度な刺激

多少の刺激は頭皮にいいとされています。例えば簡単なヘッドマッサージなどはオススメです✨

しかし頭皮は、皮膚が薄く、皮膚の内側に細い血管がたくさん通っているデリケートな部位です。

頭皮への強い刺激は、頭皮が傷ついてしまう可能性がありますので、逆効果と言えます。

 

例えば写真のようなブラシをぽんぽんするのも基本的にはNGです。

 

頭皮が物理的な刺激を受けると皮膚を修復する際に分裂・増殖した表皮細胞がフケとなって蓄積されてしまいます。

頭皮は優しくケアをしましょう。

 

④乾かさない

洗髪のあとに髪を乾かさずに自然乾燥すると、髪と頭皮の間の湿度が高くなりますので、頭皮の常在菌(マラセチア菌)が繁殖してしまいます。

常在菌が増えすぎると、頭皮や毛穴が炎症を起こしてしまい、抜け毛が増える可能性があります。

自然乾燥はフケや、頭皮のかゆみの原因にもなりますので、ドライヤーをつかってしっかり乾かしましょう。

面倒なドライヤーを早く終わらせる方法とは

 

 

⑥帽子

帽子やヘルメットを長時間かぶり続けると頭皮が蒸れてしまいます?

蒸れた頭皮は皮脂の分泌が増えますので、皮脂をエサにしている常在菌(マラセチア菌)が繁殖してしまいます

菌が増えすぎると、頭皮や毛穴が炎症を起こして、抜け毛が増える可能性があります?

また、締め付けがきつい帽子は頭皮が圧迫されて血行が悪くなりますので、長時間かぶらないようにしましょう。

どうしても帽子を長期的にかぶらなくてはならない場合は定期的に外して

風通しをよくしていきましょう?

 

 

♦禿げる生活習慣②栄養面の悪化

頭を畑として考えた時、栄養面とは『水』『肥料』となります。

畑は水や肥料がないとまともな花を生やすことはできません。

日々の生活習慣で栄養面を悪化させる原因はこちら↓

 

①油っぽいものを食べすぎる

高脂肪、高コレステロールの食品ばかりを食べる食生活は、血行不良や皮脂の分泌が過剰になる原因になります。

血行不良や余分な皮脂は、頭皮環境の悪化や、髪の成長を妨げる原因と言えます。

②タバコ

 

タバコ喫煙により血行が悪くなると、髪の成長に必要な栄養が行き渡りにくくなると言われています。

抜け毛・薄毛対策のためには、タバコをやめるか、本数を減らすことをおすすめします。

 

③寝不足やストレス

ストレスを受けると、自律神経のバランスが乱れますので、「血管の収縮」や、「内臓機能の低下」が起こり得ます。

また、ストレスを感じたときに「副腎ホルモン」が分泌されるのですが、この副腎ホルモンが分泌される課程で、身体の中に活性酸素が多く発生し、毛母細胞のはたらきが弱まります。

しっかり睡眠をとり、常日頃から疲れをためずリフレッシュした生活をこころがけましょう!

 

♦育毛剤ってどうなの?

ここは僕の持論の部分のありますが

市販の安価な育毛剤は効果はないです。

これでハゲが治ったら日本人にハゲはいなくなります。

ハゲの進行を遅くできるのかな〜

とも思ったのですが

ほぼ効果ないです。

育毛剤ではなくちゃんとした発毛剤を利用することをオススメします。

詳しくは書かないのですが、市販の育毛剤では生えないです。維持すら微妙なところ。

使うならきちんとした金額のきちんとした製品を使うことをおすすめします。

安い育毛剤にお金をかけるならシャンプーにかけた方がよりよい効果が得られるでしょう。

間違っても安価な育毛剤を必要以上に大量にかけるようなことはやめましょう。

効果促進どころか逆効果につながってしまう可能性もあります。

 

♦まとめ

いかがでしたか?薄毛対策は薄毛じゃない時から始めないといけません。

速攻性のあるものではないので日々の生活習慣から変えていかなくてはいけません。

薄毛にならないためにやった方がいいことをやること

より

薄毛になってしまう習慣を止めること

の方が確実に効果がでます。

薄毛対策は20代になる前から始めることをオススメします。

男性の薄毛は早い人で20代前半から始まるのです。

 

頭皮がくさいかも!?頭皮の臭いチェックの方法とは

 

 

 

 

今回のブログはここまでです!当店の詳細は⬇にまとめてあります!HEYKELをよろしくね(●´ω`●)

 

【HEYKEL】

TEL:03-6894-7755

〒150-0001  渋谷区神宮前1-8-10 ジ・アイスキューブス 7F

 

月水木 12:00~22:00

金   11:00~23:00

土日祝 10:00~20:00

火   定休日

 

ヘアスタイル撮影用アカウントはこちら

Twitterはこちら

サロンワーク用アカウントはこちら

 

友だち追加⬅クリックでLINE@を追加(お友達登録でお得なクーポンをプレゼント 😛 )

お問い合わせはこちらのLINEへどうぞ

(HEYKELホームページはこちら)

 

《HEYKELのアクセス》

このエントリーをはてなブックマークに追加