付けすぎは危険!?リンスやコンディショナーの適量とは

どうもこんにちは!
原宿の美容室

【HEYKEL】(へイケル)の
TOPスタイリスト
《じゅんぺー》です!

          

⬆クリックでフォロー!

(HEYKELホームページはこちら)

友だち追加クリックでLINE@を登録 😛  ⬅お友達登録でお得なクーポンをプレゼント 🙂 

皆さんはシャンプー後に何か付けていますか?

リンスやコンディショナー、トリートメントなど

各メーカーがいろいろと出していますよね?

しかし、その商品のほとんどが使用量を見ると

”適量”

と書かれていますがその適量ってどれくらいなのでしょうか。

 

今日はそんなインバストリートメントの適量についてお話ししますね!

♦リンス、コンディショナー、トリートメントとは

おそらくシャンプー後はそれぞれ上記のどれか、もしくは組み合わせて使用していると思われます。

それぞれどんな役割があるのでしょうか

リンスとコンディショナーって何が違うの? 

 

リンスとコンディショナー

実はこの二つはほぼ変わらない成分でできていて同じような役割があります。

両方とも髪のコーティングをメインに行う商品です。

床のワックスがけをしたことはありますか?そのワックスだと思うとわかりやすいと思います。

コーティングをすることで外部からのダメージを守ったり、手触りをよくしたり、ツヤを出したりする効果があります。

メイクでいうと、ファンデーションのようなイメージだと思ってください。

 

トリートメント

トリートメントとは内部に栄養を入れ、髪を整える力があります。

リンスやコンディショナーが外部へのアプローチであれば

トリートメントは内部へのアプローチになります。

 

しかしながらトリートメントやコンディショナーなどに成分として明確な定義はありません。

最近はトリートメントって書いた方が売れるから・・・なんて理由でトリートメントにしているメーカーもあるくらいです。

 

付けすぎたらどうなるの?

上記の説明を読むとたくさんつくたくなりますよね!

しかしものには限度があります。

トリートメントやコンディショナーには適量があります。

 

 

「リンスとかはつけすぎないでくださいね〜」

 

と、お伝えすると結構嫌なお顔をする人が多いですね。笑

世間ではリンスやコンディショナー、トリートメントの事が大好きな方が多いですね^^

 

実際僕も学生の時は親の買ってきたリンスを髪に大量にかけ、無駄に時間をおいて満足していましたが

今考えると

本当に無意味なことをしていた。

 

と思います笑

 

リンスやコンディショナー、トリートメントをつけすぎることで考えられるデメリットは

①髪がべたつく

②巻がすぐとれる

③ヘアカラーの入りが悪くなり、ムラになる

④パーマがかからない

⑤毛穴がつまり、薄毛につながる

上記のようなデメリットが考えられます。

 

リンスやコンディショナー、トリートメントの主な成分は油分です。

しかし髪の毛に必要な油分はほんのすこしでそんなにいらないのです。

 

トリートメントに含まれる油分は

荷物が運ばれてくる時のダンボールのようなイメージですね笑

必要な栄養だけ手に入ればいいのです。

ダンボールはしっかり捨てるように

トリートメントたちも最後にしっかり流しましょう。

どれくらい流すのかというと

 

シャンプーを流す時以上にすすいでください。

 

 

トリートメントの正しい付け方はこちら

 

それぞれの適量

厳密には髪質、ダメージ、毛量などで微調整するのですが、共通して言えることが

”根元にはつけない”ということです。

髪の長さの毛先3分の1くらいにつければいいと覚えてください。

 

ショート〜ボブ

メンズくらいのショートから肩上のボブまでの長さでしたら1プッシュ以下で十分です。

 

 

ミディアム〜セミロング

鎖骨から胸上くらいの長さでしたら1、5プッシュ程度が適量でしょう。

 

ロング〜

長さの定義はまちまちなので胸より長い長さをロングとした時、だいたい2プッシュくらいが適量でしょう。

長さや髪質なので若干増やしても大丈夫ですが、多くても3プッシュでしょうか。

とにかくつけすぎることを防いでいただきたいです。

 

 

♦しっかり流すことがとても大切

トリートメントは髪の内部に栄養を補給するためのもの。

髪表面のツヤや手触りをよくするリンスやコンディショナーと違い、髪の表面に残っていてはいけません。トリートメントの油分が髪表面に残っていると、紫外線による髪のダメージを増幅させたり、ベタつきや抜け毛の原因になったりしてしまうのです。

ぬるっとした手触りがなくなるまで、ていねいにしっかりと洗い流しましょう。その際に気を付けたいのは、地肌についてしまったトリートメントをしっかり洗い流すこと。髪をかきわけるようにして、地肌に直接シャワーが当たるように流しましょう。

 

♦まとめ

パーマやカラーリングなどで傷んでしまった髪には、やはり自宅で手軽にできるトリートメントが一番効果的。でも、使い方を間違えると、髪や頭皮にダメージを与えることも。

髪を本当に綺麗にしたいと思う方はホームケアにこだわってください。

そのホームケアですが

トリートメントより圧倒的にシャンプーが大切です。

いいシャンプーを使うことがヘアケアの第一歩です。

いいシャンプーを使いながら、トリートメントなどの量にも気をつけてくださいね^^

 

 

髪を綺麗にする最高のシャンプーはこちら!

 

 

今回のブログはここまでです!当店の詳細は⬇にまとめてあります!HEYKELをよろしくね(●´ω`●)

 

【HEYKEL】

TEL:03-6894-7755

〒150-0001  渋谷区神宮前1-8-10 ジ・アイスキューブス 7F

 

月水木 12:00~22:00

金   11:00~23:00

土日祝 10:00~20:00

火   定休日

 

ヘアスタイル撮影用アカウントはこちら

Twitterはこちら

サロンワーク用アカウントはこちら

 

友だち追加⬅クリックでLINE@を追加(お友達登録でお得なクーポンをプレゼント 😛 )

お問い合わせはこちらのLINEへどうぞ

(HEYKELホームページはこちら)

 

《HEYKELのアクセス》

このエントリーをはてなブックマークに追加